So-net無料ブログ作成

It's Day by Day.

こんばんは、寝落ちの毎日は続くよくるこです。
最近毎日飲んでいるあるものと
レンジで温める湯たんぽのおかげでぽかぽかで
ベッドに入ってからの記憶がほとんどございません。
でもぬくぬく座って
読んだり書いたりできるスペースが
残念ながらまだ整備できていないのです…
どうにかしないと。

先週買った本を、今夜こそ読みたいな。
20170119_210237-744x744.jpg
数年前から読んでいるブログ
東京弁当生活」が書籍化されたので、
喜び勇んで購入。
レシピ本というわけではなく
(前書きには「お弁当図鑑のようなもの」と。)
お弁当写真に添えられた文章とか
旅の記録とかが結構昔から好きで。
見映えやおしゃれさ最優先の
ブログやインスタとは違う
一歩引いた目線、地に足ついた生活感が
見えるところもいいな。

わたしもいろいろがんばらないとー。
こんな微妙なおやつ焼いてる場合かいな。
20170122_151318-744x744.jpg
表に切り込みくらい入れておけばパイに見えたかな…
(残り物のゆであずきを使いきって
自分で食べる用に焼いただけですが)

月曜日。
仕事終わって2分で退勤の打刻をして
新橋のお花屋さんでカーネーションを1輪購入、
銀座線に飛び乗って渋谷へ。
20170123_183808-744x744.jpg20170123_184017-744x744.jpg
先月天国にいってしまった
黒沢健一くんの、献花の会に行ってきました。
会場内は撮影NGだったので
受付のパネルだけ撮影させていただきました。
それと、受付で記帳した際にいただいたピック。

泣かないと思ってたんだけどな。
無理でした。
展示されたギターや衣装、
祭壇に飾られた笑顔の写真と、
そのまわりを囲むたくさんの白いお花で
報道やネットでの情報でしかなかった事実を
現実として目の前に感じることになって。

ああ、ほんとにいなくなってしまったのか。

昼間はビルの外に献花を待つ列ができたそうですが
わたしが行ったのは受付終了30分前。
なので並んで待つというかんじではなかったけど
お花をもって仕事帰りに駆けつけるひとは
途切れることはなく。
こんなにたくさんのひとの心に
健一くんの歌声は響いているんだな、と
改めて実感した夜でした。

出会えてよかった。
ありがとう。
新しい歌はもう聞けなくても、
健一くんがのこしてくれたものは永遠だから。

モニターではライブの映像が流れていました。
わたしが会場にいたときに流れていたのは
「DAY BY DAY」。

ここで生きるわたしたちの、
毎日はこれからも。
コメント(0)