So-net無料ブログ作成
検索選択

秋深し隅田川にて猫逃げる

こんばんは、冒頭の句を詠んだのはわたしじゃないですくるこです。

珍しく今回は日曜日の参加となりました、
東京お散歩教室。
両国をスタートして秋の隅田川を散策し、
人形町駅までのコースです。
両国駅周辺はさすが、
おすもうさん(って呼びたいよね親しみもこめて)
モチーフのものがたくさんあるな。
20161030_131145.jpg
道行くひとにおなかを撫でられてぴかぴかの横綱像。

まずは回向院へ参拝。
20161030_131345.jpg
本所松坂町公園、吉良上野介の屋敷跡。
20161030_134753.jpg
すぐ目の前の和菓子屋さんで1回目のおやつタイム、
吉良まんじゅうをいただきました。
20161030_135236.jpg
中はきなこあんです。
きなこあんのおまんじゅう、初めて食べるけどおいしかったです。
…この日のお散歩の前半に写真が少ないのは
いつもと違って日曜日に参加した故の緊張感のため、
ということにしておきましょう(笑)
実際は顔なじみのお散歩仲間も多くて
やっぱり大笑いしながらのお散歩でした。

塩原橋。
細かいところまで木を模した欄干のつくりが面白いなと、1枚。
20161030_140103.jpg

江島杉山神社。
盲目の鍼灸師・杉山和一の屋敷に勧請された
弁天さまが残る神社です。
20161030_141744.jpg20161030_141702.jpg
あまり大きな神社ではありませんが
いろんな要素がつまっててなんだか面白い場所でした。
江ノ島の洞窟を模したという岩屋の奥へもお参り。
奥へ進むと白蛇の小さな置物がたくさん、
なんだか不思議な空間でした…。
20161030_141600.jpg
この日連れていっていただくまでまったく知らなかったけど、
なんだか好きな感じの神社です、ここ。

そして2回目のおやつタイム、両国すふれ!
20161030_142458.jpg
ふわっふわでおいしかったなぁ。

以前ブラタモリでも登場した「六間堀」だった路地を抜けると、
江東区森下。
意外な町と町が実はけっこう近いんだな、ていうのが
東京を歩いているとよくあります。
細い細い路地なのでとくに、ワープしてきたかんじが面白かったな。
20161030_145350.jpg
深川神明宮。
境内の銀杏、黄葉がすすむときれいなんだろうなぁ。

芭蕉記念館へ。
屋内の展示を見たり、築山を散策してみたり。
20161030_152535.jpg20161030_152616.jpg20161030_152656.jpg
なんかね、歩いてると一句くらい
ひねれそうな気にはなってくるんですよね。
(と簡単に書いてたらその道の方に怒られそうだ…)

芭蕉記念館から隅田川沿いに出ると、
ちょうど水上バスが通りかかりました。
かっこいいねぇ、あれ。いつか乗ってみたいなぁ。
20161030_153339.jpg
こんな写真を撮ってるところに猫が現れ、
(寒さのせいか回向院の名物猫には会えず、
この日唯一の猫!)
お散歩一行に気づいて逃げてったところで
誰からともなくうまれたのがタイトルの句でした。
季語もあるし、川の風の冷たさも感じられて、
そこはかとない寂しさが漂う名句だと
個人的には思います(笑)

で、隅田川沿いを少し歩いて
芭蕉庵史跡展望庭園へ。
20161030_153740.jpg
芭蕉翁の像。
回転するとかしないとかって都市伝説的なものがあるようですが、
実際に動くんだそうです。
でも動く時間にはこの庭園は閉まっているので
川からしか見られないとか…
20161030_153929.jpg
もしかしたら川を眺めながら、
「旅に出たい」なんて思っているかもしれないね。
20161030_154314_HDR.jpg
秋曇侘しさ誘う背中かな くるこ

このすぐ近くの「おできの神様」正木稲荷神社にもお参りし、
(おできやら咳やら眼病やら、お寺も神様も守備範囲が細かいなぁ)
芭蕉稲荷神社へ。
20161030_154937.jpg20161030_154913.jpg
芭蕉の句「古池や蛙飛び込む水の音」にちなんだ
小さな蛙のモチーフもたくさんあって、しばし蛙探し。
教えてもらって初めて気づいたのですが
この近くの道路にも蛙モチーフがありました。
20161030_155038.jpg
なんとも地味な…
観光資源になりうるだけに、もったいないなぁ。

清洲橋までやってきました。
20161030_160300.jpg
通りかかった船に手を振るのはお約束(笑)
遠くにスカイツリーを眺めながら、渡ります。
一見無骨なようでいて
実は細かい意匠まで凝っている、素敵な橋。
20161030_160606.jpg
墨田区→江東区→中央区へとお散歩の舞台はうつり、
浜町神社へ。
20161030_161334.jpg
ここでは境内社の「陶栄神社」に注目。
20161030_161655.jpg20161030_161558.jpg20161030_161605.jpg
なんと社殿が陶製!
こういう神社は初めて見た!
あちこち歩かせてもらっていろんなところを教えてもらっているけれど、
まだまだ知らないものがいっぱいだー。

最後はこちら。
20161030_163138.jpg
14柱が祀られている(なかなかの大所帯)
松島神社に参拝し、人形町駅まで歩いてお散歩終了。
このあとは懇親会へ参加して
極意あり、野望あり、得意技あり(?)
翌日が仕事だということを忘れる楽しい時間でした(笑)
皆さまありがとうございました!
また次回もよろしくお願いいたします。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。